読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井戸の茶碗

 

栗原東随舎『思い出草子』に収録の人情話。井戸茶碗は高麗茶碗の一種。

 

登場人物

 清兵衛   ー 屑屋

 千代田卜斎 ー 裏長屋に住む浪人

 高木佐太夫 ー 細川家の家来

 

あらすじ

200文で仏像を買って欲しいと卜斎に頼まれた清兵衛は、目利きが効かないからと1度は断るものの、情に絆され条件付きで買うことになる。その条件とは、他で200文以上の値で売れればその利益を折半しようというものだった。

清兵衛が仏像を籠に入れて流し歩いていると、白金の細川家の窓下を通ったところで高木佐太夫に声をかけられる。仏像を見た佐太夫はこれを気に入り300文で買う。

佐太夫が仏像を磨くと台座の下の紙が破れ、中から50両の小判が出てくる。小判を買ったつもりはないと、50両を仏像の持ち主に返すよう清兵衛に命ずる。しかし、卜斎もいったん手放したものから出た50両は受け取れないと断る。

困った清兵衛は家主に相談する。家主は、卜斎と佐太夫に20両、清兵衛に10両で手を打ってみてはどうかと案を出す。これに佐太夫は納得したものの、卜斎は不服な様子であったが、いらない茶碗と交換ということでなんとか20両を受けとる。

これが美談として話題になり、佐太夫は細川の殿様に茶碗を見せることになる。すると、これは井戸の茶碗という名品であることが判明し、殿様が300両で買いあげる。

佐太夫は先例にならい、卜斎のところへ半分の150両を清兵衛に持って行かせる。卜斎は150両を受け取るわけにはいかないと断るが、佐太夫が娘を嫁にめとって下さるならば、と清兵衛に伝える。話を聞いた佐太夫は嫁にもらうことに決める。清兵衛が、今は身なりが悪いが磨けば美人になりますよと言うと、また小判が出るといけないからと断る。